不動産買取における5つの注意点・買取の基礎知識

不動産買取の5つの注意点 売却の基礎知識

不動産買取は一般の方の中から購入希望者を探す仲介販売とは違い、不動産業者に直接買い取ってもらう不動産の売却の仕方になります。

松田 由香
松田 由香

そういった意味では少し取引の仕方が違うので注意点が変わってきます。

今回はそんな不動産買取に関する5つの注意点を紹介していきます。

①複数の会社に買取査定依頼する

不動産買取の注意点

不動産買取の注意点は複数の会社に買取査定をすることが大切です。

買取査定価格は査定金額がそのまま買取額になります。しかし普通の方は査定価格を出してもらったとしてもそれが適正な価格なのかどうか判断することは難しいと思います。そういった状態で1社の買取業社だけに査定依頼をすると、すごく低い金額の提示であったりしてもその金額で買取してもらうことを決断してしまう可能性もあります

しかし複数の不動産業者に依頼することにより査定価格の比較ができますし、複数の業者に買取査定を依頼していることを査定する不動産業者に伝えることにより、適正価格から離れた金額提示もしづらくなります。

松田 由香
松田 由香

それでは何社に買取査定をしてもらうべきでしょうか。

答えは最低でも2社、最大で言うと出来る限り多くの不動産業者に買取価格を出してもらってください

正直に話すと不動産買取はその年度やその月の会社の売れ行きや方針などでも結構買取価格が変わってくるもので、高い買取額を提示してくれる不動産業者を見つけるのは困難なものです。最低でも2社依頼することにより競争原理を働かせ、出来るのなら多くの会社を巡って当たりの会社を探し出さないといけません。

不動産買取の場合は早く処理したいという場合でしょうから、現実的には多くの不動産業者に問い合わせるのは難しいかもしれませんが、出来るだけやってみましょう

②買取してもらえない物件もある

不動産買取で時々勘違いされておられる方がいるのが、市場でなかなか売れない不動産を不動産業者に買取してもらおうと思っておられる方もいます

しかし不動産業者も買い取ってそれを使ったり、不動産業者独自の処理の方法があるわけではなく、多くの場合は再度販売して利益を得ることを目指しています。

ですので買っても絶対に売れないような物件は買取してもらえない可能性も十分あります。

例えば、古くて「誰が使うの?」と言うような古家も数万円とか数十万円で買取をして綺麗にして300万円とかで販売するということも可能なので、ボロボロの物件でも買取は可能です。しかしそれが斜面のエリアにあり、安全に住んでもらうには土地の擁壁の工事が必要でそれには1000万円かかるというような場合には、「綺麗にしても1300万円でも購入するお客さんはいない」ということで買取をすることはできないという判断になります。

広告表現で「どんな物件でも買取ます!」は危険な企業です。普通は「どんな物件でもご相談ください」と書いてあります

③即時買取と買取保証を上手く使い分ける

不動産を売却する場合にはすぐに片付く「買取」と長期間販売する可能性もある「仲介販売」があります。早急に売却をしたい場合に不動産業者に買取をしてもらうわけですが、その間に買取保証付きで仲介販売をしてもらうという選択肢もあります

これは売れなければその後買い取りますという約束のもと一般のお客さんから購入希望者を募るという方法になります。

とにかく早急に不動産を処理したい場合は不動産買取ですが、少しまだ時間がある場合は数ヶ月一般の市場に売却物件として出してみて買取よりも高額で売れる道を探ってみるのもいい方法です。

考えている期間によっては「即時買取」と「買取保証」を使い分けてみるのもいいでしょう

買取保証という名でやるけれど・・・一般販売期間は時間稼ぎで本気で販売してくれない買取が本命の業者には注意が必要です

④住宅ローンの残債の処理方法を考える

不動産売却全体に言えることですが、不動産を売却するにはその物件にかかっている住宅ローンを完済しないといけません

不動産買取においても同じですので、当然その物件を住宅ローンなどで購入した場合には、ついている抵当権を外す必要が出てきます。つまり住宅ローンの残債よりも高い金額で買取をしてもらう必要があるということです。

もし残債より低い金額でしか売れない場合は自己資金で住宅ローンを完済する必要がある場合も出てきます。

その物件を売却後に住む家をまた住宅ローンを組んで購入する場合などは、次の住宅ローンに組み込んで借入をさせてもらえる場合もあります。

買取価格について高い金額を出してくれるかというところも大切ですが、そういった住宅ローンのノウハウもしっかりとしている不動産業者の方がさまざまなパターンの不動産買取に対応してもらえるので、業者選びも重要になってくるポイントです。

買取専門業者は一般の方に売る営業の経験が乏しく、専門の仲介営業会社よりも住宅ローンに詳しくない傾向もあるので注意が必要です

⑤買取でも費用がかかることがある

不動産買取の場合は、不動産業者に直接買い取ってもらう場合など「仲介手数料」がかからないというメリットがあります。

しかしその他の売却にかかる費用というのはかかってくるのでそれには注意が必要です。

費用内容金額の目安
印紙税契約書に貼る印紙代売却金額により異なる
(数千円から数万円)
司法書士費用所有権移転登記や
抵当権抹消登記
登録免許税なども含め
数十万円
住宅ローン一括返済
の手数料
金融機関に支払う
手続き費用
最近は0円のところも
ありますが数万円
譲渡所得売却して利益が出た
場合の税金
詳細はこちら
売却物件により異なりますが・・・

このような費用は基本的にかかってきますので買取価格だけでなく、いくら手のこりがあるのかきちんと聞いておくべきでしょう。

その他にも良い買取業者を紹介してもらったり、買取業者に対して有利に交渉してもらう目的で不動産買取の場合も不動産仲介業者を入れる場合もあります。その場合は仲介手数料もかかることになります。

まとめ:不動産買取の5つの注意点

  • 適正買取価格を出すため複数者査定
  • 買取してくれない物件もある
  • 買取保証もうまく使う
  • 住宅ローンの残債処理などローンに詳しい人も必要
  • 諸費用額も把握しておくべき

YouTubeおるすま不動産売却チャンネルでは不動産売却に関するお役立ち情報を発信しています。もしよければチャンネル登録よろしくお願いします。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
松田 由香

大手不動産業者で5年不動産売買を経験。地域密着で街にあるお店や施設のことも実際に行ってみた感想をHPで公表させていただきます。不動産売却のことなら何でもご相談ください。徹底的にサポートさせていただきます!

松田 由香をフォローする
会社情報:株式会社おるすま

住所:京都府木津川市木津雲村111−1
免許番号:京都府知事(1)14224号
TEL:0774-94-6841
FAX:0774-94-6843
代表取締役:内田隆一

売却の基礎知識
松田 由香をフォローする
おるすま

コメント

タイトルとURLをコピーしました